最新のZoom活用事例

  1. ありえる楽考

    ありえる楽考は、自分が人生をかけて、「魂から成し遂げたい価値創造の活動(たまかつ)」を決めて、必要な才能を創り出し、やり抜く力を高める「マーケティングとイノベーション※」の場です。目指しているゴールは「たまかつ」が似ていて、苦手なことを補完しあい、自分が得意なことを活かしあえるチームになることです。このチーム同士が応援しあう場になってゆけばと考えています。

  2. 日常業務に”少しだけ”zoomを導入してみる

    私は滋賀県の私立中高で教員をしています。以前からオンラインツールを使った授業や反転学習を実施していましたが、2015年にzoomと出会ってからはコミュニケーションツールとして積極的に職場でも活用しています。

  3. オンライン婚活

    普段は「結婚相談所Dash」でお見合いを中心に婚活応援をしています。Dashメンバーは20代~50代、職業や状況は多種多様です。例えば…北海道在住のメンバー(女性)は、地域問わずご縁のある方を求めていました。結婚したい、出会いを作りたい…それがなかなか叶いにくい状況を「オンライン」が解決してくれる!と感じました。

  4. オンラインでコンサルタント

    私がZoomを仕事に導入しはじめたのは、コンサルティングの仕事のスタイルを見直し、仕事の生産性を高めて、もう少し自分自身の時間や家族との対話の時間を捻出したいと思ったことです。

  5. リモート英語講師

    私はもともと東京にあるスタートアップで働いていました。かなりハードな仕事だったのですが、私は、仕事が好きなタイプだったのでやりがいを感じていました。ところが、子どもが生まれて仕事を続けられなくなりました。小さい子どもがいる状況でも働くためにはどうしたらよいかと考えて起業することにしました。

記事のカテゴリ一覧

最近の記事

ZOOM革命オフィシャルFacebookページ

ページ上部へ戻る