ブログ

【Zoom体験者インタビュー#12】氏名から使命を見つけるワークショップをしているケネデイこと「桑名 和義」さん

Zoomの体験者へインタビューし、Zoomを通した発見・体験をお伝えする企画。

 

第12回目は氏名から使命を見つけるワークショップをしているケネデイこと「桑名 和義」さんにお話を伺いしました。

1.自己紹介

会社員です。製造業のアフターサービス部門に勤務しております。

1年ほど前から社員教育を担当するようになりました。

また一般社団法人日本だじゃれ活用協会でダジャレンジャーとして活動をお手伝いしています。

ケネディーの由来について。

氏名は使命から私はファシリテーターが自分の使命だと感じています。

こじつけかもしれませんが、

Japanese Facilitator KazuyoshiでJFKとなりますのでそこからケネディーと言うニックネームにしました。

 

2. 現在、Zoomをどのように使っていますか?

Zoomとの出会いは、田原真人さんの自己組織化コミュニティの作り方第1期に参加したことです。

ブレイクアウトルームを体験し、「これはすごい!」と感じました。

そのあとに、だじゃれ活用協会で約2年前から開催している「氏名は使命」というワークショップをオンラインでできるかも?と思い、今年1月からzoomを使った「氏名は使命」のオンラインワークショップをしております。

 

3. Zoomを使う上で、何か課題はありますか?

Zoomにまだ慣れていない方が多いということもありますが、「氏名は使命」では、名刺サイズの紙に氏名を1文字ずつ書いて並び替えるというワークをします。

そして参加者同士ペアで並び替えを行います。リアルなワークショップでは簡単にできることがZoomでは準備をしておかないとできません。

例えば、手元を写すためのWEBカメラなども必要になります。どうやったらリアルワークショップの良さをオンラインでもできるかが課題です。

 

4. 今後Zoomで試してみたいことはありますか?

UMUという学習管理システムを使い「氏名は使命」のINPUT的な内容は事前に見てもらった上でZoomでのオンラインワークショップに参加していただくことを考えております。

Zoomではペアワークなど相手が必要なワークや参加者同士の対話を中心にしていきたいです。

 

ーありがとうございました。

 

   【お話を伺った方】

名前:桑名 和義(くわな かずよし)

参考URL:だじゃれ活用協会

だじゃれ活用協会?

「氏名は使命」開催レポートはこちら!

 

編集後記:

「氏名で使命ワークショップ」は、だじゃれなので軽く見ていたのですが、

意外にも深〜い内容で、インタビュー全体を通して、

たくさんの発見・気づきがあり、とても興味深いワークショップだなぁと思いました。

 

他にも、だじゃれ活用協会の活動として、だじゃれのワークショップを通して、

小学生〜高齢者の幅広い年齢層へアプローチされています。

 

年齢的には小学2年生ごろから語彙が爆発的に増えてくるので、

小学校では3年でだじゃれが教科書に出てくるそうです。

 

ダジャレンジャー8号という名刺も持たれている桑名さんは子どもたちのヒーロー。

小学生にはだじゃれの授業を国語の授業の中でされていて、

認知症の方には脳の活性化に効果があるそうです。

だじゃれは日本を、いや世界を救っているんですねー♪

 

こんな感じで、まだまだ続けていきたいと思います!乞うご期待!

(Zoom革命ライター 松谷あい)

 

↓インタビュー動画付きブログはこちらです♡

Follow me!

関連記事

オンライン講座の開き方動画

スポットコンサル

メルマガ登録

記事のカテゴリ一覧

ZOOM革命オフィシャルFacebookページ

ページ上部へ戻る