ブログ

【Zoom体験者インタビュー#9】カードリフレクション「大隅 紀子」さん

Zoomの体験者へインタビューし、Zoomを通した発見・体験をお伝えする企画。

第9回目はオンラインでカードリフレクションをしている「大隅紀子」さんにお話を伺いしました。

 

- 自己紹介

千葉に住んでいて、普段は大学で留学生に日本語を教えています。

 

- 現在どのようにZoomを使っていますか

 

去年の5月からzoomでカードを使ったリフレクションを月1回やっています。

また、今年から月1回日本語教師の勉強会を開催しています。

6月から、日本語教師の経験が浅い人向けにオンライン講座を開催します。 

 

 

- Zoomを使う上での課題はありますか

 

カードリフレクションでは、リアルと違いカードを手を取って、他の人に渡すことはできません。

また、カードの数が多くなると一度に画面にシェアすることもできません。

ズームの画面共有を使ってできることの制限を少し感じていますが、

参加者の皆さんと試行錯誤を楽しんでいます。

 

 

- 今後Zoomで試してみたいことはありますか

 

 最近はカードリフレクションにハマってくれた友人が一緒に色々やってくれていて、

今年に入ってアートのカードやおしゃべり哲学カードなども使っています。

今後も色々なカードを使っていきたいと思っています。

 

- 大隅さん、ありがとうございました!

 

【今回お話を伺った方】

名前:大隅 紀子(おおすみ のりこ)

 

大隅さんのブログはこちら

 

【編集後記】

日本語講師歴28年。

私にとって講師という面で大先輩の大隅さんは、

ゆるさと男前さを持ち合わせた私の憧れの将来像です。大隅さんの優しいゆるさがほしいです。

 

そんな大隅さんの主催されるオンライン・カードリフレクションにぜひ参加してみてほしいです。

 

日本語講師全体が、技術的にも精神的にも潤うような勉強会や活動をされているので、頭が下がります。

私も見習います!

 

ZoomインタビューではZoomを使った様々なイベント、取り組みをご紹介していきます。

乞うご期待!(Zoom革命ライター 松谷あい)

 

↓インタビュー動画付きブログはこちらです♡

関連記事



スポットコンサル

記事のカテゴリ一覧

最近の記事

ZOOM革命オフィシャルFacebookページ

ページ上部へ戻る