ブログ

【Zoom体験者インタビュー#5】法人向けの教育ソリューションを提供されているTANRENの「佐藤 勝彦」さん

Zoomの体験者へインタビューし、Zoomを通した発見・体験をお伝えする企画。

第5回目は法人向けの教育ソリューションを提供されているTANRENの佐藤さんにお話を伺いしました。

 

【どうやら海外ではインサイドセールスが脚光を浴びているらしい】

 

特にアメリカを例にあげると国土が広いので、遠いったらありゃしない。

商談は、1件のアポのために飛行機で泊まりがけになるなんてざら。

 

そこで、会社にいて全てオンラインで解決するインサイドセールスが主流になりつつある。

移動時間がゼロの営業活動が実現。

 

日本では、まだまだアウトサイドセールス(フィールドセールス)が主流。

お客様とのアポをこなすには、1日4件で精一杯。どれだけ日本が狭いと言えども、1日5件も入れるとヒーヒーいうことに。

 

移動距離の短縮以外でも、アメリカでインサイドセールスが流行っているもう1つ理由があるようです。

 

それは教育という副産物。インサイドセールスでの交渉の動画を録画し、研修資料として動画共有することでノウハウをシェアできます。これでトップセールスマンのノウハウが新人セールスマンに引き継がれる教育システムの完成です。

 

そこでクラウドレコーディングができるZoomを見つけてくださった法人向けの教育ソリューションを提供されているTANRENの佐藤さんにお話を伺ってみました。

 

仮に隣のマンションに訪問するぐらいの距離感にお客さんがいたとしても、Zoomでしたいなと思っちゃうほど、記録に残せることが教育ソリューションに直結するんです、と佐藤さん。

佐藤さんのTANRENというアプリは、商談スキルをメジャーリーグのように数値化でき、

属人的な基準に寄らず、旧態然の集合研修ではない研修を可能にしました。

 

さらに各営業マンが好きな時にPDCAサイクルを回しながら、営業力を磨けます。

 

あなたの会社への教育ソリューションに繋がる可能性がある動画はこちら。

 

 

【今回お話を伺った方】

名前:佐藤 勝彦(さとう かつひこ)

TANREN株式会社 代表取締役CEO

B2B系#EdTech領域業界へ接客/接遇技術の見える化、共有化を実現する

ナレッジシェアアプリ”TANREN”を2015年04月に立ち上げる。

 

関連記事



スポットコンサル

記事のカテゴリ一覧

最近の記事

ZOOM革命オフィシャルFacebookページ

ページ上部へ戻る