ブログ

Zoomの調査結果:AIやAR、VRがミーティングにどのような影響を与えるのか。

ZoomブログーAI,AR,VRの影響

Zoomは12月にAI(人工知能)、AR(拡張現実感)、VR(バーチャルリアリティ)の登場によって会議がどのように変化するかを知る手掛かりにするため、幅広いZoomユーザーにアンケートを行い、結果をブログ記事にまとめています。

 

まず多くのZoomユーザーは毎週多くの時間を会議に費やされているということです。平均8.8時間、管理職レベル以上になると10.4時間にもなるとか。これは会議の形態を改善することで潜在的な生産性向上をもたらすことにもなる、と伝えています。

 

この調査によって、多くの人が会議に関連する作業のうち、議事録の作成やミーティングのセッティングなど、会議自体には関係がなく、時間のかかる作業を技術に任せたいと思っていることが分かったとのことです。

 

記事ではアンケート調査の回答者の多くはARやVR が実際にどのように会議に役立つかを想像するのは難しいようだったとし、AlexaやSiriなどの技術が平均的知識のあるプロフェッショナルにはAIがより分かりやすく、会議の時間短縮に実際に役立つだろうと考えていることが分かったとしています。

 

特にIT関連従事者とリモートワーカーはこれらの技術に関しての期待が大きく、8割の人が会議にプラスの影響をもたらすだろうと考えている、としています。そしてこれら最先端の技術をZoomのプラットフォームに導入し続けるために、スタッフ一同懸命に取り組んでいます、と結んでいます。

 

「Zoom、ミーティングを開始して」とか「Zoom、全員ミュートにして」なんてことができる日も近いかも!皆さん、期待しましょう。



スポットコンサル

記事のカテゴリ一覧

最近の記事

ZOOM革命オフィシャルFacebookページ

ページ上部へ戻る