ブログ

さわのつぶやき11月21日

田原さんの元ネタはこちら

 

担当の佐藤さわです。

 

田原さんが書いている、「コンテンツ提供の時代は終わった」というのは、
本当にそうだなぁと思いますね。

たとえば、音楽を例にとってみても、
昔はレコードやCDを買わないと聴けなかったものが、
今は、YouTubeなどで無料でほとんどの音楽が聴けます。

じゃあ、いまわざわざCDや音楽データを買う人たちが

どういう気持ちで買うかというと、

「そのアーティストを応援するため」なんですね。
そういう自覚でお金を払う人が増えています。

アーティストグッズを買う人たちもそうです。
「グッズ自体が欲しい」というより、
「私が彼らを応援するためにはお金を回してあげないと」という気持ちで
購入する人も少なくありません。

 

アマンダ・パーマーというミュージシャンをご存知ですか?
音楽を「売る」ことから、
「音楽は無料で提供するから、応援して!」ということに、
いち早く取り組んだことで有名な人です。

彼女のTEDトークは有名ですが、その中で、
「助けを求めるのは簡単なことじゃない」と話しています。

私は、このことに積極的にチャレンジしていた時期があります。
「余っているものがあれば私にください」と募っていました。

お金での支援も求めていました。
でも、その当時、本当に欲しかったのは、モノやお金自体ではなく、

「つながり」や「応援の気持ち」だったと思います。

でもある日、仲がいいと思っていた友人が私のことをふざけて

「物乞い」と呼びました。
私は深く傷ついて、それ以来、

助けを求めることをほとんどやめてしまいました。

 

・・・このことを思い出すと今でも胸が痛むので、

傷はまだ癒えていないんでしょうね。

 

でも、私は最近また、

「助けを求める」ことにチャレンジしてみようかなと思っています。

なぜなら、私も、私たちZoom革命(与贈工房)も、

今まさに、そしてこれから、みなさんの助けを必要としているからです。


そのチャレンジは、私にとってとても怖いことだけど、

でも、これを読んでくれている人を信頼して、
「応援してください」と伝えたいと思います。

そして、信頼してもらうために、これからも、

私たちのことをどんどんオープンに伝えていきたいと思っています。

 

ぜひ私たちと一緒に、創り出したい未来を「共創」しましょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。

Follow me!

関連記事

メルマガ登録

超初心者コンサル

オンライン講座に必要なZoomスキル

オンライン講座の開き方動画

記事のカテゴリ一覧

ZOOM革命オフィシャルFacebookページ

ページ上部へ戻る